Under Feet 〜顔を踏んでください日記

足裏フェチをこじらせ過ぎてしまった管理人が衝動的に作ったブログ 女性に踏まれるのが何よりの至福です。足裏に対しての想いや体験談などを綴っていきたいと思います。 動画販売しました。→http://gcolle.net/default.php/manufacturers_id/17008  https://www.xcream.net/shop/911 ※18歳未満の方のブログ閲覧・動画購入はお断りしています。

こんばんは。今日は僕がいかにして足フェチに目覚めたかを、赤裸々に語りたいと思います。


そう、全ての元凶は夕方に再放送していた某アニメです。

当時小学生だった僕は、 床に寝転がりながらそのアニメをぼんやり眺めていました。

話の大筋は忘れたのですが、アニメのキャラクターが敵陣に乗り込んで、屈強なガチムチ野郎を問い詰めるというシーンだった記憶があります。

そこで主人公の味方らしき女キャラが颯爽と登場したのですが、まずそのキャラクターの格好が非常にエロかったのを子供心に覚えています。パーティ会場なんかでコンパニオンが着るような露出度の高いドレスを想像していただければ分かりやすいと思います。ふとももを挑発的に晒しながら、ハイヒールをかつかつと優雅に鳴らして敵に近づき、不敵な笑みをもらしているわけです。いかにもな痴女です。まだ純粋無垢だった小学生の僕は痴女という素敵な人種を知らなかったので、「なんかこの人こわそう・・・」とぷるぷる震えているだけの哀れな子羊でした。

「な、なんだおめえは!」

ガチムチ野郎がそう叫びますが、痴女は相変わらず人を小馬鹿にしたような笑みを浮かべるばかり。苛立ちと不安からか、とうとうガチムチが彼女に飛び掛ります。

そのとき、痴女が何らかの妖術みたいなものを使いました。

そしてみるみるうちに男の戦意が喪失!

床に仰向けになって倒れ込んでしまいました。

やったぞ! 見事敵を倒した! となって終わるのが通常のアニメです。

しかしこの作品は違ったのです。

エロいドレスに身を包んだ痴女は、何を思ったのか倒れている男の股間を踏みつけはじめたのです。

「おいてめえよおお、あんまりふざけたことやってんじゃねえぞ? ああん?」

なんと、さっきまでのアンニュイな雰囲気から一変し、口の悪い女王様みたいなキャラへと変貌。

そのまま男のチ〇ポをハイヒールで足コキしだしたではありませんか!

「豚が~、てめえ舐めたまねこいてんじゃねえぞ」

みたいな暴言を浴びせながら、グーーリグーーリと、生々しいSE付きでひたすらチ〇ポをしごく痴女。いや女王様。

敵も「おおん!おおん!」と悶絶しながら目が軽くイッちゃっています。

味方陣もこれはどうやら予期していなかった行動だったみたいで、皆ドン引きしながら仲間の変態ぶりを眺めているだけでした。

そして僕はというと・・・





おもむろに股間をいじっておりました。




そうです。ブラウン管に映し出されるあまりにショッキングな映像に、僕の理性は吹き飛んでしまっていたのです。
それまでの短い人生で、エッチな映像はいくつかの洋画やドラマで見かけたことはあるのですが、どれも僕の雄という本能を眠りから覚まさせてくれるほどの威力はありませんでした。ところがこのアニメの足コキ罵倒シーンを目に焼き付けた途端、脊髄反射のごとく僕の手は生殖器であるチ〇ポに伸びたのです。

「なんだこれなんだこれ」と呟きながら、グリグリされている男の痴態を見よう見まねで再現する僕。

ハイヒールのかわりに手のひらを使い、ズボン越しに回転摩擦をさせるという独自のオ〇ニーを編み出しましたのもこの時です。



なんだこれ・・・なんだこれ・・・

体全体が、暖かいお湯に浸かっているような感覚に包み込まれ、頭がぼうっと痺れてくるのがわかりました。

グーーリグーーリという生々しいSEと、よがる男の情けない声と、罵倒する痴女の冷徹な表情。そしてスラリと伸びた脚に、ハイヒールを履いた麗しい足が、エンドレスに脳内を回っています。

スラリと伸びた脚・・・

ハイヒールの踵・・・

踵といえば足裏・・・

足裏・・・


足裏!


人生ではじめて逝ってしまった僕は、ドレス属性、パンスト、ハイヒールなどの数あるフェチ的キーワードの中から、見事「足裏」を掴み取り、現在まで続く足フェチ男になったわけです。

めでたしめでたし。


ちなみになぜかハイヒールには今のところ惹かれません。まあその訳は今度話します(笑)

今回はこんな感じです!

当ブログ・Under Feetを運営しているUFと申します! 足フェチ暦二十年近くになります。フェチ界ではまだまだ新米のぺーぺーですが、足裏に対する情熱と執着が高ぶリ過ぎたために、このようなブログを作ってしまいました。

足フェチを題材にしたブログ様は他にも沢山あるので、なんとも今更感がありまくりですが、どうか生暖かい目で見守っていただければ嬉しいです・・・!

とりあえず、タイトルや内装に関しては、後に変えるかもしれません。
少なくともブログはもっと見やすく、色々といじろうと思います。


まあ飽き性なので、今の目標としてはサイトを放置せずにこつこつと更新することですがw


よろしくお願いします。 

↑このページのトップヘ